デザイナー目線。モノ・コト紹介するサイト

Adobe CCが39,980円で買える!たのまなAdobeベーシック講座をご紹介

Webデザイナー

A子
A子

Adobe CCが講座込みで39,980円(税込)で買えるヒューマンアカデミーの「たのまなAdobeベーシック講座」ってどんな感じなんだろう?

というあなたのための記事です。

このページの主な内容

  1. Adobe CC1年分が39,980円で購入可
  2. たのまなAdobeベーシック講座の詳細内容
  3. 購入までの流れ
  4. デジハリONLINEとの比較

ちなみにこの他にも、デジハリAdobeマスター講座も同じく講座付きで39,980円で購入できますが、その違いについても比較してみましたので合わせてご紹介します。

執筆者紹介
Web/UIデザイナー歴16年目のフリーランス。これまで数々のスクール取材&体験を行ってきた経験をもとにしたWebメディアを運営。多数の大手企業Webサイト制作経験あり。

スポンサードサーチ

Adobe CC1年分が39,980円(税込)で購入可!

Adobe CC1年分が39,980円(税込)で購入可!

この「たのまなAdobeベーシック講座」の大きな特徴は、なんといっても年額72,336円(税込)もするAdobe CCが39,980円(税込)で購入できることです。

しかも動画講座+サポート付きでこのお値段。安すぎ…

パッケージ内容

  1. Adobe CC(1年分)
  2. 動画講座(1ヶ月分)
  3. メールサポート(3ヶ月分)

主にこんな特徴あり

  1. もちろん社会人購入可 ※ただし法人不可
  2. 動画講座は必ずしも閲覧する必要なし
  3. 必須課題もなし
  4. 講座終了後(3ヶ月後)もAdobe CCは引き続き使える(購入から1年間)
  5. 1年経過後に勝手に自動更新はされない

少し補足します。

1年経過後に勝手に自動更新はされない

購入から1年経過すると自動的にAdobe CCは使えなくなります。自動更新とかはありません。

たのまなAdobeベーシック講座はキャンペーン期間中は基本的にいつでも、何度でもこの価格で購入可能なので、1年経過前に再度購入のうえ更新登録すれば、今の契約期間にプラスして1年分が追加されます。

例:例えば今日が2021年1月1日で、契約期間が2021年2月1日までの状態だとして、新たに購入&登録すると2022年2月1日までに変更されるイメージです。

ただし1年後も同じ価格で販売しているとは限りませんので、不安な方はたとえば受講期間が終了する3ヶ月後にもう一度購入すれば更に1年分が購入できますので、その形で早めに購入しておく手もあります。※受講期間中は追加購入できません。

たのまなAdobeベーシック講座の詳細内容

気になる動画講座ですが、ボリュームとしては以下のイメージです。
※以下2022年10月時点の内容です。

動画講座で学べるツール

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Premier
  • After Effects
  • XD

さらに細かく見るとたとえばPhotoshopではこんな内容となっています。

Adobe Photoshopの起動と初期設定

  1. はじめに
  2. 起動と初期画面の説明
  3. 色の概念 CMYKとRGB
  4. 長さや密度の単位
  5. 新規ファイルの作成とウインドウの見方
  6. アートボードの編集
  7. レイヤー

画像加工と合成

  1. はじめに
  2. 画像の加工・フィルター
  3. 選択ツールと拡大縮小
  4. 合成と影の表現
  5. その他の選択ツールとマスク
  6. 少し複雑な合成

写真の取り扱いとレタッチ

  1. はじめに
  2. 修復ブラシとコピースタンプツール
  3. 食品のレタッチ
  4. 人物や肌のレタッチ

YouTubeサムネイル画像の制作例

  1. はじめに
  2. テキストの挿入
  3. YouTubeサムネイルの制作例(前半)
  4. YouTubeサムネイルの制作例(後半)
  5. その他の制作の注意点
  6. まとめ

初心者向けの超基本的なことから、経験者の私ですら「こんな便利なの今更知った!」という部分まで、ソフトの使い方については全体的にしっかり網羅されている印象です。

もちろん、更に高度なスキルを磨こうと思うならUdemyの単体講座などがおすすめですが、Adobe CC初心者ならかなり助かるサービスだと思います。

スポンサードサーチ

たのまなAdobeベーシック講座を購入するまでの流れ

たのまなAdobeベーシック講座を購入するまでの流れ

たのまなAdobeベーシック講座での購入手順は簡単4ステップで可能です。

購入手順1.購入ページへ進む

こちらのコース一覧「申し込む」ボタンをクリック。

お申込み注意事項ページへ移行します。

購入手順2.注意事項を確認しお申し込みページへ進む

お申込み注意事項では事前の確認事項があります。

すべてチェックのうえ「お申込み手続きを行う」ボタンを押し、次へ進みます。

購入手順3.購入手続きに進む

内容を確認のうえ、間違いがなければ「購入手続きに進む」をクリック。

購入手順4.各フォームへ入力し注文完了

各フォームへ入力し、最後に「この内容で注文する」をクリックして注文完了。

以上で完了です!

注文した商品は早ければ3日後にメールでお届けされます。

補足.添付ファイルが開かない場合

まれにメールで届いた添付ファイルが開かない場合がありますので、以下方法をお試しください。

解決方法

  • 方法1:Macユーザーは「The Unarchiver」を利用して解凍する。
  • 方法2:解凍しても空のデータが作られる場合、メールサーバーにアクセスして直接Zipファイルをダウンロードする。(独自ドメインユーザー向け)

デジハリONLINE Adobeマスター講座との比較


引用:デジハリAdobeマスター講座

このAdobe CCを格安で購入できる方法ですが、お伝えした通りデジハリAdobeマスター講座という同価格で買える商品もあります。

個人的にこちらも利用したことがありますので、それぞれの違いについて比較してみたいと思います。まずは表にすると以下のイメージ

通信講座 デジハリAdobeマスター講座 たのまなAdobeベーシック講座
内容 Adobe CC(1年)
+動画講座(1ヶ月)
+サポート(講座後2ヶ月)
合計3ヶ月
Adobe CC(1年)
+動画講座(1ヶ月)
+サポート(3ヶ月)
合計3ヶ月
学ぶソフト Illustrator
Photoshop
Premiere
AfterEffects
Dreamweaver
InDesign
Illustrator
Photoshop
Premier
After Effects
Adobe XD
サポート内容 課題添削のみ(3回まで) 質問のみ(無制限)
届くまでの期間 決済完了後すぐ 決済後1~3営業日

主な違いは以下のとおりです。

違い1:ソフトはデジハリONLINEの方が早く届く

たのまなAdobeベーシック講座はお申込みからAdobe CCシリアルコードが届くまで1〜3営業日を要してしまいます。

一方、デジハリAdobeマスター講座はお申込み後すぐにシリアルコードが送られてきます。

お急ぎでない場合は特に気になりませんが、早めに欲しい方はデジハリONLINEの方がいいですね。

違い2:講座で学べるツールが違う

各講座で「Illustrator・Photoshop・Premiere・AfterEffects」が学べる点は一緒ですが、デジハリ「Dreamweaver・InDesign」が学べ、たのまな「XD」が学べる形となっています。

特にXDは近年、WebデザイナーにはPhotoshopと同じく必須ツールになってきていますので、それが学べる点はとても貴重です。

違い3:サポート内容が違う

デジハリAdobeマスター講座プロによる課題添削付き(無料3回分)ですが、ツールの使い方で不明点が発生した際のサポートは付きません。

一方、たのまなAdobeベーシック講座ツールの使い方による不明点は学習システムで無制限に質問できますが、課題添削は付きません。

どちらが良いかは好みによります。
ちなみにデジハリの課題は私が受けた2020年の際はこんな内容でした。

スポンサードサーチ

たのまなAdobeベーシック講座はこんな方におすすめ

たのまなAdobeトレーニング講座を購入するまでの流れ

以下のイメージで選ばれるのが宜しいかと思います。

通信講座が必要な方

通信講座が必要ない方

講師
講師

以上!このページが参考になりましたら嬉しいです。