デザイナー目線。モノ・コト紹介するサイト

【徹底解説】Webデザイナー未経験可という求人の真実と転職成功方法

就職・転職

A子
A子

Webデザイナー未経験でもOKの求人あるじゃない!
よっしゃあ、知識ゼロだけど応募してみよー!

というあなたのための記事です。

この記事の主な内容

  • 未経験可のWebデザイナー求人は「知識ゼロ」でもOK?
  • Webデザインは何をどこまで学ぶ必要があるの?
  • 未経験OKの求人で注意すべきこんな会社
  • 20代・30代未経験からWebデザイナーに挑戦するための方法

未経験者OKという言葉は正直紛らわしいですが、そのまま受け止めてしまうと憧れのWebデザイナーになれる可能性は実はゼロです。(知識ゼロだけに・・・)

今回の記事ではそんなあなたがリアルにWebデザイナーとしてのキャリアをスタートできるよう、徹底的に解説していきたいと思います。

講師
講師

未経験可の求人サイトに応募しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードサーチ

未経験者OKのWebデザイナー求人で「知識ゼロ」はNG

Webデザイナー案件でよく目にする未経験可というのは、実は「業務の経験(実務経験)はなくてもOK」ということであってWebデザインの知識は必ず必要になります。

つまり「知識はあるけど働いた経験がない方を募集」している求人ということですね。

未経験者OKという言葉はいかにも「Webデザインそのものが未経験でもOK」という感覚を表す紛らわしい表現ですが、これと間違わないように注意が必要です。

ただし、中には本当にWebデザインの知識ゼロでも採用してくれる会社もあります。
その場合やや注意が必要な場面もありますので、次の項目で補足します。

<未経験者歓迎>のWebデザイナー求人で注意すべきこんな会社

まずはOKな場合

  • Webデザイナーで募集しているけど、ほぼWeb運営業務である場合。

この場合、もともとその会社で運営しているサービスサイトがあり、その更新業務が主な仕事内容という募集です。

研修期間が用意されていることが一般的で、おそらくその間にPhotoshopなどの画像編集ソフトや文章を投稿するためのサイトの使い方などのレクチャーを受けるでしょう。

つまり、研修期間内で習得できる比較的簡単な作業を行うような求人です。
このような求人であれば、Webについて全く知識がなくとも研修期間内に無理なく習得できるため、知識ゼロでも問題ありません。
※とはいえ、PCに全く触ったことがないレベルは少なくともクリアしておきましょう。

NGな場合

  • ホントのWebデザイナーを募集している場合。
    例)スマホゲームやWebサイトなどのデザイン・構築業務など

本当のWebデザイナー業務で募集されている場合は、Webデザインの知識ゼロで入社してしまうとおそらく大変なことになります。

「半年の研修期間内で給料を払いながら知識を習得させます」なんて、正直Webデザイナーの私自身から見ると「怪しさ100%」です。

スキルの習得やセンスは個人差がありますし、そもそも給料を払いながら教育するにはリスクが高すぎます。スパルタで教育させないと企業側としても割に合いませんので、別の仕事をさせながら残業時間で習得させたり、教育が進まない社員は部署移動やクビになる場合も考えられます。

募集内容をよく見て、もし内容がWebサイトやスマホゲームのデザイン・構築業務などの場合は注意しましょう。
これらは知識ゼロの未経験者にとってはとてもリスクが高い求人です。

スポンサードサーチ

実務未経験可の求人に挑戦するにはWebデザインの何を学ぶ必要があるのか?

「知識はあるけど働いた経験がない方(実務未経験者)」を募集している求人に挑戦するためには、一般的には以下のスキルを身につけておく必要があります。

身につけるスキル

  1. Webデザインのレイアウトや構成などの基本知識
  2. デザインソフト(Photoshop・Illustrator)の使い方とデザイン知識
  3. HTML/CSSでの構築知識
  4. JavaScript/jQueryの基本知識

ここで挙げたスキルは「基本的に」ということであって、企業によってはたとえばデザインのみのWebデザイナー募集であればPhotoshop・IllustratorだけでOKな場合もありますし、構築のみのWebデザイナー募集であればHTML/CSS/JavaScriptのみでOKな場合もあります。

ただし、一般的なWebデザイナーであれば上記のスキルは全て身につけておくことが大切です。

以下でそれぞれ簡単に解説しますので参考にしてください。

01. Webデザインのレイアウトや構成などの基本知識

Webサイトを作る前には、そもそもサイトがどんな構成で作られているか、どんな仕組みで動いているのかなど事前の知識が必要です。

その知識がないままデザインソフトの使い方やHTML/CSSなどの知識だけを学んでも、なんとなく腑に落ちないでしょう。

02. デザインソフトの使い方とデザイン知識

PhotoshopとIllustratorはデザインを行うためのソフト(ツール)です。
Photoshopは主にWebデザインや写真・画像加工、Illustratorはロゴやイラストなどの図形を扱います。

ちなみに通常価格では2つのソフトが含まれたAdobeCCが年間64,540円かかりますが、およそ半額で手に入れる方法がありますのでこちらを参考にしてください。

03. HTML/CSSでの構築知識

HTMLとCSSはソフト名ではなく構築言語の名前です。
WebサイトはデザインされたものをHTML/CSSで構築してようやくホームページとして一般公開できます。

Webサイトを作る場合は必ず必要になる知識です。

HTML/CSSロゴ

04. JavaScript/jQuery

JavaScriptはHTML/CSSだけでは表現が難しいアニメーションやお問い合わせフォームなどを作る場合に必要な知識ですが、こちらはやや複雑ですので初心者は基礎知識程度でかまいません。

jQueryというのはJavaScriptをより簡単に使えるようにした技術ですので、こちらをベースに学びましょう。

より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

講師
講師

このあとは、知識ゼロの未経験者向けにWebデザイナー求人に挑戦するまでの解説を進めていきます。
すでにスキルを習得されている方はこの項目はスキップしてご覧ください。

20代、知識ゼロの未経験からWebデザイナー求人に挑戦するための方法

講師
講師

はじめに20代に向けたスキル習得方法の解説を行います。
30代以上の方はこちらはスキップしてご覧ください。

20代の転職は企業も大いに受け入れてくれるため、30代と違ってある程度転職までの余裕があります。そのため、20代は独学でWebデザインの知識を学ぶ選択肢も十分にあります。

ここでは以下2パターンの学習について解説します。

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールで学ぶ

01. 独学で学ぶ

独学で学ぶ場合は、以下の方法が本で学ぶよりも効率的でおすすめです。

学習1. Udemyで知識を学ぶ

WebデザインやPhotoshop・Illustrator・HTML/CSSなど、1,400円程度で動画で知識を学ぶことができます。まずはじめにこちらで全般的な知識を習得されると良いでしょう。

学習2. ProgateでHTML/CSSを作ってみる

次にProgateで実際に手を動かしながらHTML/CSSを学んでいきましょう。Udemyで学んだ方はある程度の知識は得ていると思いますので、今度は実際に手を動かして学ぶことでよりスキルの取得が進みます。

月額980円程度でHTML/CSSはもちろんJavaScriptやその他スキルも学べるので、短期集中で数ヶ月で学びきりましょう。

※独学の注意点

デザインスキルやHTML/CSSなどは色々と奥が深いのですが、それゆえ学んだレベルによっては実践でまだまだ役に立たなかったということもあります。

未経験可の求人であればおそらくそれほどの知識は求められないと思いますが、現段階の知識が業界で通用するのかどうか、もしスキルに不安があればCodeCampの無料体験で相談してみる手もあります。

02. スクールで学ぶ <20代なら実質無料>

実は一般的には20万円ほどもする有料の講座が、20代なら無料で利用できるうえ、さらに転職もサポートしてもらえる本格派スクールがありますので詳しくご紹介します。

スクールは以下の2社です。

※2018/12 補足
TechAcademyキャリアは残念ながら無料ではなくなってしまいました。以下記事のTechAcademyキャリアについては古い内容となりますのでご了承ください。

これらのスクールはWebデザインの主にプログラミングをベースとした知識が習得でき、就職まで完全サポートを受けられる特徴があります。
デザインスキルは含まれませんが、Webデザインの「開発者側」としてのスキルを学ぶことができます。

※補足:ちなみにプログラミングは特に人材不足のためWebデザイン単体よりもはるかに高収入案件に挑戦できます。

それぞれ特徴がありますので詳しく解説します。

TechAcademyキャリア

TechAcademyキャリア

ポイント

  • スキル習得・転職サポートすべてが無料
  • 他社サービスの求人情報も取扱可能
  • 履歴書などの添削から年収交渉まで可能。スカウトも来る

TechAcademyキャリアは超実践的なスキルが習得できるTechAcademyの20代限定サービスです。スキル習得・転職サポートがオンライン上ですべて無料で利用できます。

独自のカリキュラムを元に自習形式で学びつつ、毎日のチャットサポートや回数無制限の課題レビューなど、スキル習得のための様々な仕組みがあります。

特に定評があるのは転職サポート。履歴書・職務経歴書の添削から年収交渉まで行ってもらえるため、転職エージェント並みのサポート体制に加え、他社サービスの求人情報も取扱可能なので求人数がとにかく豊富です。

もし就職できなくとも料金は発生しないので、リスク無しでスキル習得が可能です。 まさに20代の特権ですね。

受講タイプ オンラインスクール
料金 無料
学習内容 HTML/CSS・PHP
無料体験 » 無料体験あり

CodeCampGate(コードキャンプゲート)

CodeCampGate

ポイント

  • 2ヶ月で受けられるオンライン個別指導
  • 198,000円(税抜)が就職成功で全額キャッシュバック
  • 80%がプログラミング未経験からはじめ、転職後定着率は100%

CodeCampGateはオンライン個別指導No.1のCodeCampによる20代限定のコースです。パソコンがあればどこでも受講でき、しかもモニター上で直接教わりながら受講できるため、家庭教師のような濃密さが魅力です。(音声のみのやりとりも可能)

受講料は発生しますが就職成功で全額キャッシュバックされます。80%がプログラミング未経験から始めて、しかも転職後定着率は100%なので本気で転職を目指す方はとてもおすすめです。

受講者はCodeCampのその他講座も割引価格で受講できるため、Photoshopなどのデザインスキルも合わせて学ぶこともできます。

なお、地方在住の場合は就職が難しい場合も考えられますので、念のため契約前には就職できそうかどうか、無料体験で事前に確認されることをおすすめします。

受講タイプ オンラインスクール
料金 198,000円(税抜) ※就職成功で全額キャッシュバック
学習内容 HTML/CSS・JavaScript/jQuery・PHP/MySQL
受講期間 2ヶ月
無料体験 » 無料体験あり
  • CodeCampGate ※無料体験で1万円キャッシュバック中!

それぞれのおすすめタイプは?

それぞれどのような方にオススメかをまとめると以下のようなイメージです。

  • TechAcademyキャリア
    お金は一切かけず、基本的なスキルを習得のうえ転職したい方
  • CodeCampGate
    ある程度都市部に居住&本格的なスキルを習得のうえ転職したい方
講師
講師

次に30代の方向けに解説します。20代の方はスキップして引き続きご覧ください。

スポンサードサーチ

30代、知識ゼロの未経験からWebデザイナー求人に挑戦するための方法

30代未経験からのWebデザイナー転職は20代と比べてもある程度年齢的なハードルが高くなります。そのため、今から時間のかかる独学はおすすめしません。

しかし、転職できないわけではありませんのでご安心を。

30代未経験からのWebデザイナー転職方法について、詳しくは以下の記事で解説しておりますのでご覧ください。

講師
講師

次はWebデザイナーのスキルがある方向けの解説となります。
スキルがない方はスキップして引き続きご覧ください。

すでにスキルありのWebデザイナー未経験者は、求人サイトよりも転職エージェントがおすすめ

ここまではWebデザインの知識が不足している方向けに解説してきましたが、もし既にスキルがある方や、スキル習得が完了した方は、Indeedエン転職などの「転職サイト」で求人を探すよりも「転職エージェント」の方が好条件で転職しやすいためおすすめです。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

「転職サイト」は基本的には求人情報のみを掲載し、応募・面接などは自分自身で企業と直接やりとりを行います。

一方、「転職エージェント」は同じように求人情報は掲載しつつも、以下のようなサポートを受けられる特徴があります。

  1. あなた専任のキャリアカウンセラーが付いてくれる
  2. 希望条件や今後のキャリアについて相談できる
  3. 採用企業についてのアドバイスや求人提案が受けられる
  4. 履歴書添削や年収交渉などもやってくれる

このように、転職エージェントでは慣れない転職について色々な面からのサポートが受けられ、さらに一般公開されていない求人や年収交渉なども含めてサポートしてもらえるため「思いがけずいい条件」で契約成立する場合もありえます。※しかも無料

実務未経験者はWORKPORT(ワークポート)の利用がおすすめ

WORKPORT(ワークポート)

一般的に、転職エージェントはサポートが充実している代わりに未経験の求人を扱うことはほとんどありません。そんな中ワークポートは実務未経験の転職にも力をいれている数少ないエージェントです。

IT/Web業界専門として約2,000社以上の取引実績がある転職エージェントで、過去にはリクナビNEXT「GOOD AGENT RANKING」で4回連続「転職決定人数部門 第1位」を受賞した実績もあります。

また、全国の求人(東京・仙台・埼玉・横浜・名古屋・大阪・福岡・神戸)に対応していることもポイント。非公開求人も含め常時15,000件の求人を保有しているため、自分の希望に合った仕事を紹介してもらえる可能性が高いです。

求人サイトでは見つからない非公開求人も紹介してもらえるので、対象地域にいらっしゃる方はぜひ相談してみてください。

スポンサードサーチ

実務未経験からWebデザイナー求人に挑戦するならポートフォリオ(作品集)が必須

求人に応募する際は必ず自分の作品集を披露できるポートフォリオサイトを用意することが大切です。

採用担当者はそのポートフォリオをもとにあなたの実力を判断するため、この用意がないとそもそも合否の判断ができません。

当然ですが、このポートフォリオサイトを用意する前にはご自身で何点かWebサイトを制作しておく必要があります。実務未経験の場合は架空のサイトでも問題ありませんので、必ず作品は残しておきましょう。

現代では無料で簡単に作れるポートフォリオ作成サイトがありますので積極的に利用していきましょう

また、掲載する内容は作品画像のほか、以下の情報も掲載しましょう

作品ごと掲載

  • URL・制作名
  • 制作期間
  • 使用ソフト・技術
  • お客様の要望(クライアントがいる場合)
  • 制作のポイント

その他

  • プロフィール
  • あなたが持っているスキル(Photoshop/Illustrator/HTML/CSSなど)
    ※どの程度のスキルレベルかを表せるとより理想です。
  • あなたがWebデザイナー/コーダー/ディレクターとして目指したいこと
  • 仕事をするうえで大切にしたいこと

まとめ

お伝えしたとおり、Webデザイナー案件でよく目にする未経験OKというのは「知識はあるけど働いた経験がない方を募集」している求人ということです。つまり知識の習得は必須ですので、必ず何らかの形でスキルは習得しておきましょう。

A子
A子

危うく丸腰で応募するとこだった・・・。

Webデザインの知識がゼロの方は

20代であれば独学もいいのですが無料スクールを利用できる手もありますので、ぜひ有効に活用してくださいね。

  • TechAcademyキャリア
    お金は一切かけず、基本的なスキルを習得のうえ転職したい方
  • CodeCampGate
    ある程度都市部に居住&本格的なスキルを習得のうえ転職したい方

30代の方はぜひこちらの記事を参考にして今後のキャリアを検討してみてください。

【最短ルート】30代未経験からのWebデザイナーデビュー実践方法

すでにWebデザインの知識がある方は

転職が有利になるワークポートを積極的に利用していきましょう。
実務未経験可の転職に力をいれている数少ないエージェントです。

また、求人へ応募される際にはポートフォリオサイトを事前に用意しておきましょう。採用担当者はそのポートフォリオをもとにあなたの実力を判断するため、この用意がないとそもそも合否の判断ができません。

解説は以上です!

講師
講師

未経験からWebデザイナーを目指している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。