デザイナー目線。モノ・コト紹介するサイト

【Webデザインスクール厳選6社】社会人向けおすすめスクール徹底解説!

Webデザインスクール

A子
A子

仕事しながらWebデザインの勉強がしたいんだけど、どんなスクールがあるのか知りたいなー
ついでにおすすめを整理してくれるとありがたいんだけど。

そんな方向けの記事です。

目次

  1. そもそも何を学べばいいの?
  2. どんなスクールを選べばいいの?
  3. おすすめスクールランキングTOP3
  4. <オンラインタイプ>のスクール解説
  5. <教室タイプ>のスクール解説
  6. Webデザイナーの月収は?
  7. スクールと独学どちらがいいの?

あなたは実践的なWebデザインスキルを習得するためには最低限何を学ぶ必要があるのかご存知ですか?

ちまたでは「Webデザインが学べる」といいながらも、デザイン自体は学べずプログラミングしか学べないスクールは数多くあります。
また、平日も19時で終わってしまうスクールもあります。会社員によっては土日しか学べませんが、一体どれだけの期間かかるのでしょう?

何の知識もないとスクール選びを間違ってしまう可能性がとっても高くなります。

講師
講師

そんな事がないよう最大限サポートさせて頂きます。
このページでご紹介している内容はマジで大切ですよ!

※この記事では全般的におすすめなWebデザインスクールをご紹介しています。
以下こだわりのポイントがある方はそちらも合わせてご覧ください

  1. デザイン重視派の方
  2. 構築・プログラミング重視派の方
  3. 主婦・ママ向けをお探しの方
  4. 無料・安さ重視派
  5. 短期・スピード重視派

また、自分に合ったおすすめをサクッと知りたい!という方はこちらもどうぞ

1分でスピード判定!VOGELKUCKオリジナルWebデザインスクール診断テスト!

1分でスピード判定!VOGELKUCKオリジナルWebデザインスクール診断テスト!

執筆者紹介
Web/UIデザイナー歴15年目のフリーランス。数々の実績を作りつつ北欧やスイスなどで現地のデザイナーと共に最先端のデザインに触れる。現在はこれまでの経験を元にしたWebメディアを運営。こんなフォントも作っています。

スポンサードサーチ

社会人がWebデザインスクールで最低限学ぶべきスキルとは?

社会人がWebデザインスクールで最低限学ぶべきスキルとは?

Webデザインスクールに通ってありがちなのが「実践で役立つスキルが学べなかった」というパターンです。

それは「Webデザインの何を学べば実践で役に立つのか」が分からない状態でスクールを選んでしまったことが原因です。

Webデザインで即戦力になるためには最低でも以下のスキルを学ぶ必要があります。

最低限学ぶ必要があるスキル

  1. Webデザインの基本知識
  2. Photoshop ※デザインソフト
  3. Illustrator ※デザインソフト
  4. HTML/CSS ※構築言語
  5. JavaScript/jQuery ※プログラミング
  6. レスポンシブサイト ※HTML/CSS応用
講師
講師

上記について簡単に解説しますが、解説はいらないよ!という方はスキップしてくださっても大丈夫です。

スキル1:Webデザインの基本知識

Webサイトをデザインする前には、あらかじめWebデザインの基本知識について理解しておくとその後のスキル習得がスムーズに進むためおすすめです。

スクールによってはここが抜けているところもありますが、その場合はこちらの本に軽く目を通すだけでもOKです。

Webデザインの基本知識
いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 レイアウト/配色/写真/タイポグラフィ/最新テクニック (...

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 レイアウト/配色/写真/タイポグラフィ/最新テクニック (...

伊藤 庄平, 益子 貴寛, 久保 知己, 宮田 優希, 伊藤 由暁
2,618円(03/31 13:09時点)
発売日: 2017/02/25
Amazonの情報を掲載しています

スキル2:Photoshop(フォトショップ)

PhotoshopはWebデザインのレイアウトやバナー作成、写真加工などを行うためのデザインソフトです。

Webデザイナーの定番ソフトとしてまず始めに習得しましょう。

Photoshop
※補足:
ただし現在ではレイアウトについてはAdobe XDまたはSkecthというソフトを使う機会が一般的になってきましたので、Photoshopの次の学習内容として意識しておきましょう。

スキル3:Illustrator(イラストレーター)

IllustratorはPhotoshopでは苦手なロゴやイラストなどを制作するためのデザインソフトです。

Illustratorで作ったロゴなどをPhotoshopに入れ込んだり、逆にIllustratorのみで全てのWebデザインを行う方もいらっしゃいます。

Illustrator
※補足:
Photohop・Illustrator共にソフトの価格が割高な点はハードルが高いですが、こちらでお得に購入できる方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてください。

スキル4:HTML/CSS

実はPhotoshopなどのデザインはあくまでデザインサンプルであって、実際はそれをHTMLCSSという2つの技術を用いてインターネットで閲覧できるように再構築する必要があるのです。

そして構築することでようやくWebサイトとして一般公開できます。

構築ソフトは無料のものもありますが、先程ご紹介したお得なソフトにも含まれていますので、Web制作はこれ1つあれば充分ですね。

HTML/CSS

スキル5:JavaScript/jQuery

JavaScriptはHTML/CSSだけでは表現が難しいアニメーションなどを作る場合に必要な知識ですが、こちらはやや複雑ですので初心者は基礎知識程度でかまいません。

jQuery(ジェイクエリー)というのはJavaScriptをさらに簡単に使えるようにした技術ですので、こちらをベースに学びましょう。

こちらも先程の構築ソフトを利用します。

JavaScript/jQuery

スキル6:レスポンシブサイト

パソコン・タブレット・スマホのいずれかで見ても最適化されたWebページが表示されるサイトのことをレスポンシブサイトといいます。

今ではパソコンよりもスマホでWebが見られる機会が多くなりました。

レスポンシブサイトは基本的にHTML/CSSの応用版ですので、こちらをおさえれば比較的スムーズに知識習得が可能です。

A子
A子

色々あってめっちゃ大変そうー(汗)
これって全部覚えなきゃダメなの?

講師
講師

もし主婦をしながらバナーを作る程度であればPhotoshopやIllustratorだけでもいいかもしれません。
主婦の方はこちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね!

※スキルについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

社会人に合ったWebデザインスクールの選び方

社会人に合ったWebデザインスクールの選び方

A子
A子

学ぶスキルは理解できたけど、そもそもWebデザインスクールって色々ありすぎて・・・どんな基準で選べば良いのかな?

とお悩みの方もいらっしゃると思いますので、ここでは社会人向けとして理想的な以下3つの条件についてサクッと解説します。

社会人向けスクールの3つの条件

  1. Web・パソコン専門であること
  2. 平日は最低でも21時まで&土日も開講していること
  3. 就・転職サポートがあること<理想>

※この項目もスキップしたい方はどうぞ。

01. Web・パソコン専門のスクールを選ぶ

ネイルや医療事務等が学べる総合スクールでもWebデザインは学べますが、現代ではWeb/ITに特化したスクールがありますので、できればそちらを選びましょう。

より洗練されたカリキュラムや講師、人脈と出会える可能性が高くなります。

Web・パソコン専門のスクール

02. 平日は最低でも21時まで&土日も開講しているスクールを選ぶ

会社を19時に出て学び始めるのが19時30分だった場合、20時にサポートが終わってしまうスクールでは平日30分しか学べません。

せめて平日は21時まで開いていた方が学び進められるスピードが違います。

平日は最低でも21時まで&土日も開講しているスクール

03. 就転職サポートがあるスクールを選ぶ<理想>

就転職を希望している方にとっては、学習だけでなく未経験からの就活をサポートしてくれるサービスがあると安心です。

ただしこちらは、実務未経験からのIT転職をサポートしてくれるWORKPORT(※体験者記事)という転職エージェントがありますので必ずしも必須ではありません。

就転職サポートがあるスクール<理想>
A子
A子

なるほど。仕事しながらだと色々工夫しなきゃいけないものね。

講師
講師

そうですね。趣味レベルで終わらせないよう、スクール選びも厳選する必要があります!

スポンサードサーチ

社会人向けおすすめWebデザインスクールランキングTOP3!<オンライン・教室タイプ>

社会人向けおすすめWebデザインスクールランキングTOP3!<オンライン・教室タイプ>

というわけでお待たせしました。
ここからはこれまで解説した内容を踏まえ、基本的に以下の条件で厳選したおすすめスクール上位3位を順にご紹介してまいります。

学ぶスキル

  1. Webデザインの基本知識
  2. Photoshop
  3. Illustrator
  4. HTML/CSS
  5. JavaScript/jQuery
  6. レスポンシブサイト

選考基準

  1. Web・パソコン専門スクール
  2. 最低でも21時までは開講しているスクール
  3. 就転職サポートがあること<理想>

ただし、スクールによってはとってもお得に受講できるものの、一部スキルが含まれていないところもあります。

足りない部分は多少工夫すれば別の形で補習できる場合が多いため、ここについては補足を加えた上でご紹介していきます。

およそ40社以上から厳選したおすすめスクールは以下の通りです。

オンライン・通信タイプのスクール

  • 1位CodeCamp
    ※個別指導でコスパ最強
    178,000円/2ヶ月プラン
  • 2位TechAcademy
    ※即戦力になる超実践的カリキュラム
    139,000円(学生109,000円)/4週間プラン
  • 3位デジハリONLINE
    ※老舗クリエイタースクール
    256,000円/7ヶ月

教室へ通うタイプのスクール

※上記税抜き表示

以下それぞれタイプ別に詳しく解説していきます。

講師
講師

オンラインタイプから解説しますが、教室タイプへスキップしたい方はこちらからどうぞ

オンライン・通信タイプの社会人向けWebデザインスクール3社を徹底解説!

オンライン・通信タイプの社会人向けWebデザインスクール3社を徹底解説!

オンラインスクールはおよそ20社ありますが、ここで挙げた3社は業界トップレベルの受講者数と洗練されたカリキュラム、そして価格的に見て最もコストパフォーマンスが高い上位3社のスクールです。

オンラインスクールのメリット

  1. PCがあればどこでも受講できる
  2. いつでも好きな時間に学習できる
  3. 受講料がリーズナブル

オンラインスクールのデメリット

  1. モチベーション維持が難しい
    →個別指導などスクールでの対策あり
  2. PCやソフトなどの事前準備が必要
    →教室タイプでも結局必要です…

色々と自由度が高いのがオンラインスクールの大きなメリットです。

講師
講師

3つのスクールの魅力について、より詳しく解説します。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp

ポイント

  1. 受講満足度94.5%のマンツーマン指導
  2. 毎日7:00〜24:00まで年中無休!
  3. 業界トップクラスの現役エンジニアが講師陣

CodeCampは業界トップクラスの現役プロから直接学べる、オンラインプログラミングレッスンNo.1のスクールです。詳しくはこちらの記事もどうぞ。

受講者数は2018年で伸べ20,000人を超え、多くの卒業生が未経験からエンジニア/Webデザイナーとして活躍しています。

なかでもデザインマスターコースは他オンラインスクールと比較しても学べるスキルが最もバランス良いです。講師は毎回自由にセレクトできるため、何人か試して最も理想的な講師に絞れるのもいいですね。

40分ほどの無料体験ではリアルな個別レッスンが体験でき、教材も一部閲覧できます。10,000円分のクーポンもゲットできるので、検討中の方はぜひ試してみてくださいね。

※追記:最大30,200円OFFの特別キャンペーン開催中です!(2020/3/31まで)

受講タイプ オンラインスクール
コース名 デザインマスターコース
参考料金 148,000円+入学金 30,000円(税抜)/2ヶ月プラン 他
個別レッスン 2ヶ月:20
習得スキル Photoshop・Illustrator・HTML/CSS・JavaScript・jQuery・Bootstrap(レスポンシブデザイン)
総学習時間 160〜200時間
受講プラン 2ヶ月・4ヶ月・6ヶ月
対応時間 7:00〜24:00
卒業後サポート » 転職サポートあり ※就職・転職成功で特典あり
無料体験 » 無料体験あり
その他 ソフトやPCは自前で用意。ソフトはこちらでお得に購入可
  • CodeCamp ※無料体験で1万円分クーポンプレゼント中!

コスパ最強のCodeCampを分かりやすく解説【無料体験レポあり】

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy

ポイント

  1. eラーニングアワードで特別賞受賞の実績あるサービス
  2. 週2回のマンツーマンメンタリングでモチベーション維持
  3. 期間内で4つのWebサイトをリリースする実践的なレッスン内容

TechAcademyは過去にeラーニングアワードでプログラミング教育特別部門賞を受賞した実績のあるサービスです。

中でもWebデザインコースでは期間内で4つのWebサイトをリリースするかなり実践的なレッスン内容となっており、「作りながら覚えていく」を繰り返して、最終的にオリジナル作品をゼロから作れるスキルを初心者レベルから習得します。

チャットサポートや、週2回あなた専属の講師がマンツーマンメンタリングを行ってくれるなど、サポート体制が整っている点も特徴です。

価格は業界でもかなりリーズナブルな料金設定が魅力的。しかも無料体験を行うとさらに10,000円割引される他、体験中に30分のメンタリング実施で今なら500円分のAmazonギフト券もゲットできちゃいます。詳しくはこちらの記事もどうぞ。

受講タイプ オンラインスクール
コース名 Webデザインコース
参考料金 4週間プラン:139,000円/学生 109,000円(税抜)
8週間プラン:189,000円/学生 139,000円(税抜) 他
個別レッスン 4週間プラン:7
8週間プラン:15
習得スキル レイアウト/配色/タイポグラフィ・Webデザイン原則・ワイヤーフレーム・Photoshop・HTML/CSS・JavaScript/jQuery・Git/GitHub・レスポンシブデザイン
総学習時間 160時間
受講プラン 4週間・8週間・12週間・16週間
対応時間 15:00〜23:00
卒業後サポート » 転職サポートあり
無料体験 » 無料体験あり ※1週間本格的な体験ができる
その他 ソフトやPCは自前で用意。ソフトはこちらでお得に購入可
  • TechAcademy ※無料体験や説明会動画閲覧で10,000円割引!

TechAcademyならWeb習得が税抜139,000円【無料体験レポ付】

※補足:TechAcademyはIllustratorが含まれませんが、基本操作程度でOKなのでUdemyで補習しましょう。

デジハリONLINE

デジハリONLINE

ポイント

  1. 基本知識から高度なスキルまでデジハリの独自カリキュラムで学べる
  2. Web制作スキルの他、現場で使える知識などを学べる
  3. デジタルハリウッドならではの就転職サポートが充実

デジハリONLINEデジタルハリウッドのWebオンラインスクール版です。
「就転職プラン」では、Webの基本知識からJavaScriptなど高度なスキルがデジハリならではの動画教材で学べます。

週2〜3日の受講でOKなので、焦らずじっくり学びたい方にとってとても理想的。しかも受講生・卒業生限定の就職・転職サポートもかなり充実しています。

ただしこちらはWebカメラを通して講師とマンツーマンでやりとりする仕組みがなく、不明点の返信もCodeCampやTechAcademyと比較して多少時間を要するため、モチベーション維持には工夫が必要です。

受講タイプ オンラインスクール
コース Webデザイナー講座:就転職プラン
料金 256,000円(税抜)
習得スキル Photoshop・Illustrator・HTML/CSS・JavaScript/jQuery・Dreamweaver・レスポンシブデザイン・企画/ワークフロー・カラー/フォント
総学習時間 98時間
ライブ動画時間 毎週火〜木/20:00〜21:00
受講期間 7ヶ月間
卒業後サポート » 就転職サポートあり
無料体験 » 資料請求のみ
その他 ソフトやPCは自前で用意。ソフトはこちらでお得に購入可

スポンサードサーチ

オンライン・通信タイプのWebデザインスクール3社を徹底比較!

オンライン・通信タイプのWebデザインスクール3社を徹底比較!

A子
A子

情報ありすぎて色々混乱してきた。
まとめるとどんなイメージ?

もう少し比較しやすいように3つのスクールの違いを表にまとめました。

  CodeCamp Tech Academy デジハリONLINE
コース デザインマスターコース
/2ヶ月
Webデザインコース
/4週間
就転職プラン
/7ヶ月
学習方法 テキスト講座 テキスト講座 映像講座
Webカメラ 個別指導20 個別メンタリング7 集団ライブ授業5
講師 毎回自由に選択 専属 なし
参考料金 178,000
(入学金込み)
139,000
109,000円(学生)
256,000
総学習時間 160〜200時間 160時間 98時間
1時間あたり 890 868
681円(学生)
2,612
対応時間 毎日7:00〜24:00 毎日15:00〜23:00 メールのみ
習得スキル ・Webデザイン基礎
・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・Bootstrap
(レスポンシブサイト)
・Webデザイン基礎
・Cacoo
・Photohop
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・Git/GitHub
・レスポンシブサイト
・Web概論
・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・Dreamweaver
・レスポンシブサイト
・企画/ワークフロー
・カラー/フォント
卒業後サポート » サポートあり » サポートあり » サポートあり
他契約プラン 2ヶ月・4ヶ月・6ヶ月 4週間・8週間・
12週間・16週間
7ヶ月のみ
体験談記事 » 体験談あり » 体験談あり なし

主に異なる点としては以下のとおりです。

主に異なるポイント

  • CodeCamp
    テキスト講座+20回の個別指導(2ヶ月プラン)
    ※講師は毎回自由にセレクト
  • TechAcademy
    テキスト講座+7回の個別メンタリング(4週間プラン)
    テキスト講座+15回の個別メンタリング(8週間プラン)
    ※講師は専属メンター
  • デジハリONLINE
    映像講座+5回の集団ライブ授業
    ※個別担当講師はなし

「個別指導」と「メンタリング」は言葉は違えど、Webカメラを通して講師と1対1でやりとりする点は同じです。大きな違いとしてはCodeCampは毎回自由に講師をセレクトし、TechAcademyはあなた専属のメンターが最後まで担当する形です。

デジハリONLINEの「ライブ授業」は講師の生放送授業を複数名で閲覧し、チャットでやりとりする形となります。

補足:TechAcademyの4週間と8週間ならどちらがいい?

TechAcademyの総学習時間は4週間・8週間いずれも160時間分となっています。
たとえば4週間で160時間分をこなすためにはこんなイメージになります

  • 平日毎日4.8時間 + 土曜8時間 + 日曜8時間
A子
A子

かなりびっしりね・・・

つまり、4週間プランは「1ヶ月短期集中でやりきるつもりの方」「求職中で平日も時間がある程度取れる方」向けのプランとなります。

講師
講師

TechAcademy4週間プランは価格的には最もリーズナブルに受講可能なので、価格優先の方はぜひ挑戦してみてくださいね!

オンライン・通信タイプのおすすめWebデザインスクールについてまとめると

CodeCamp

1位:CodeCamp

1位のCodeCampは学習に対するモチベーションが維持しやすい個別指導でありながらリーズナブルに受講できる点がとても優れており、なおかつ最低でも学びたいスキルをすべて満たしている点がとても評価できます。

2ヶ月で学び切るためにはもちろん計画性は必要ですが、サービス全体としてとてもバランスがとれた内容ですので、オンラインでどこがいいか迷っている方はまずは優先的にご検討ください。

2位:TechAcademy

2位のTechAcademyもCodeCampと並び業界で最も評価されているスクールです。
学べる内容の深さに定評があり、講師の質も含め多くの受講生に高い評価を得ています。

模写からはじまり最終的にオリジナル作品が作れるようになる学習の流れはとても効率的です。そのため、実践的なカリキュラムを重視する方には特におすすめです。

キャンペーンもよく行われていますので、お得に受講したい方はぜひお試しください。

3位:デジハリONLINE

3位のデジハリONLINEはこれまでのデジタルハリウッドのノウハウをもとにした独自の映像講座が魅力的です。

Udemyなどの単発の動画講座とは異なり、全体を通して学習・課題提出・添削・ライブ授業などの洗練されたカリキュラムでスキルをしっかり上達させる仕組みがあります。

週2〜3日の受講でOKなので、焦らずじっくり学びたい方に特におすすめです。

講師
講師

それぞれどんな方に合うかをまとめると以下のようなイメージです。

こんな方におすすめ

  • CodeCamp
    基本から実践まで、バランス良くしっかり学びたい方
  • TechAcademy
    実践的・即戦力なスキルを安く身につけたい方
  • デジハリONLINE
    長期でじっくり学びたい方
A子
A子

うんうん、だんだん絞られてきたぞ!

その他のオンラインスクールを知りたい方

その他、条件にこだわらずもっとオンラインスクールが知りたいという方はこちらもどうぞ。

講師
講師

次に教室タイプの解説へと進めますが、必要がない方はスキップして引き続きご覧ください。

スポンサードサーチ

教室タイプの社会人向けWebデザインスクール3社を徹底解説!

教室タイプの社会人向けWebデザインスクール3社を徹底解説!

教室へ通うタイプの候補はおよそ20社ありますが、ここで挙げた3社は洗練されたカリキュラム・知名度ともに業界トップレベルで、なおかつ価格的にもコストパフォーマンスが高い上位3社のスクールです。

教室へ通うスクールのメリット

  1. 同期や講師など、将来を見据えた人脈構築ができる
  2. 空間の変化によるモチベーション維持ができる
  3. PCやソフトなどの環境が整っている

教室へ通うスクールのデメリット

  1. 設備が整う分料金が割高になりやすい
    →PC環境を省略したリーズナブルなスクールもあり
  2. 教室へ移動するための時間や交通費がかかる
    →近場にスクールがあればベストです

何よりいつでも講師から直接教えてもらえ、同期との繋がりが生まれやすいのが教室タイプの大きなメリットです。

講師
講師

3つのスクールの魅力について、より詳しく解説します。

テックキャンプ プログラミング教養

テックキャンプ プログラミング教養

ポイント

  1. 通い放題・学び放題でコスパ最強!
  2. 5,000回以上アップデートを繰り返すオリジナル学習教材
  3. 最先端のWebサービスやAI人工知能まで学べる

テックキャンプ プログラミング教養 ( » 詳細 )は初月198,000円を払えば2ヶ月目以降は月額19,800円で通い放題・学び放題の通学型スクールです。※写真レポート付きのこちらの記事もどうぞ。

教室タイプは一般的に設備が整う分割高な場合が多いですが、テックキャンプはPC等を自前で用意するなどの効率化が図られているために、とても安価なのが特徴です。

学ぶ内容はWebサービス開発をベースに、プログラミングやWebデザイン、AI人工知能まで、最先端なスキルが時間のある限り学び放題です。
5,000回以上アップデートを繰り返すオリジナル教材や、全体的な仕組みで今や満足度98%。とにかくコストパフォーマンスは最強です。

ちなみにテックキャンプには本格的なプロのデザイナーを目指せるテックキャンプ デザイナー転職という、転職保証付きのサービスもあります。
デザインも重視したい場合はこちらがおすすめです。詳しくは取材記事をどうぞ。

受講タイプ 教室へ通う
コース テックキャンプ プログラミング教養
料金 入会月:198,000円/2ヶ月目以降1ヶ月あたり:19,800円(税抜)
習得スキル Webサービス開発・オリジナルサービス開発・AI(人工知能)入門・AIアプリ開発(応用)・デザイン・テクノロジーセミナー
総学習時間 学び放題
受講期間 1ヶ月〜
教室 渋谷・新宿・池袋・東京駅前・名古屋・梅田
営業時間 (平日)16:00〜22:00/(土日祝)13:00〜19:00
※デザインカリキュラムはオンライン質問のみ(月・水)19:00〜21:00/(土)17:00〜19:00
卒業後サポート なし
無料体験 » 無料体験あり
その他 ソフトやPCは自前で用意。ソフトはこちらでお得に購入可

【体験レポ付き】学び放題のテックキャンプ プログラミング教養を解説

※補足:テックキャンプはレスポンシブサイトが含まれませんが、HTML/CSSの応用版ですのでUdemyで補習される形で問題ありません。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

ポイント

  1. LIG監修のオリジナル講座&現役クリエイター生授業が受けられる
  2. 併設のコワーキングスペースをいつでも無料で使える
  3. 就・転職成功で20万円キャッシュバック!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、様々なヒットコンテンツを生み出す日本一有名なWeb制作会社の株式会社LIGと、言わずと知れたデジタルハリウッドの最強コンビがタッグを組んだWebデザインスクールです。

LIGならではのオリジナル講座やLIG現役クリエイターによる生授業が受けられるかなり貴重な体験ができ、Web制作の技術的な講座だけでなくデザインやコンテンツ制作スキルに関する講座も充実しているのが特徴です。何より卒業生の作品がこれまた素敵。

併設のコワーキングスペースはいつでも無料で使え、料理やフリードリンク、そしてWebデザインやカメラ、ファッション等のデザイン関連書籍も充実。
サポートはとにかく最強ですね。なんと就・転職成功で20万円キャッシュバック他、LIGへの積極採用も行っているそうです!

上野・池袋にあるスタジオでは常時、見学&スタジオ説明会を行っているので気になる方はぜひお試しください。こちらの記事で取材も行っております。

受講タイプ 教室へ通う
コース Webデザイナー専攻 Web担当者プラン
料金 370,000円(税抜・入学金込み)
習得スキル Web概論・著作権・ワークフロー・フォント概論・色の基本・Illustrator・Photoshop・Dreamweaver・HTML5・CSS3・JavaScript・jQuery・XD・UIデザイン・クライアントワーク・SEO・Google Analytics・レスポンシブデザイン・写真構図・デザイン表現・webディレクション基礎など
総学習時間 約120時間(復習は受講期間中何回でも可)
受講期間 6ヶ月
教室 上野・池袋
営業時間 月〜金10:00〜22:00/土日10:00〜20:00
卒業後サポート » 就転職サポートあり ※就転職成功で20万円キャッシュバック!
無料体験 » 個別説明会あり
その他 ソフト・PCはスクール内にあり

KENスクール

KENスクール

ポイント

  1. プロレベルの即戦力となるスキルを学べる
  2. デザインセンスに力を入れたコースも有り
  3. 各種資格試験実施+合格サポート制度付

KENスクールは、単なる知識習得レベルではなく、現場で即戦力となるための本格的なスキルが習得できる「極」プログラムが特徴的なスクールです。

映像教材+課題をベースとしつつ、現場経験者の講師による個別指導でプロのスキルを習得できるほか、Webデザインの中でも特にデザインセンスに力を入れたコースもあり、プロのデザインスキルを習得したい場合はとても魅力的な内容となっています。

Webについての各資格を取得できるのもいいですね。
無料体験ではカウンセリング+受講体験(合計60分程度)でリアルな雰囲気を味わうことが可能です。詳しくはこちらの記事で無料体験レポートと合わせてご紹介していますのでご覧ください。

受講タイプ 教室へ通う
コース Web実践就転職総合コース
料金 343,000円+入学金30,000円(税抜)
習得スキル Photoshop・Illustrator・HTML/CSS・JavaScript/jQuery・レスポンシブデザイン
総学習時間 111時間
受講期間 6ヶ月まで受講可
教室 新宿・池袋・北千住・横浜・名古屋・梅田・札幌
営業時間 ▼新宿本校の場合(その他校舎
(月火水金)10:00〜13:00/14:30~21:30
(木)10:00~13:00/14:30~19:30
(土日祝)10:00~13:00/14:00~18:00
卒業後サポート » 就転職サポートあり
無料体験 » 無料体験・資料請求あり
その他 ソフト・PCはスクール内にあり

教室タイプのWebデザインスクール3社を徹底比較!

教室タイプのWebデザインスクール3社を徹底比較!

A子
A子

うんうん。情報ありすぎて色々混乱してきた。
まとめるとどんなイメージ?

もう少し比較しやすいように3つのスクールの違いを表にまとめました。

  テックキャンプ プログラミング教養 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG KENスクール
コース テックキャンプ
プログラミング教養
Webデザイナー専攻
Web担当者プラン
Web実践就転職
総合コース
学習方法 テキスト講座+
週1面談
映像講座+
ライブ授業
映像講座+
テキスト講座
参考料金 初月198,000円・
2ヶ月目以降
19,800円/月
370,000
(入学金込み)
373,000
(入学金込み)
総学習時間 学び放題 120時間 111時間
1時間あたり 822
※初月分の開講時間で計算
3,083 3,360
営業時間 平日16:00〜22:00/
土日祝13:00〜19:00
平日10:00〜22:00/
土日10:00〜20:00
平日10:00〜21:30/
土日祝10:00〜18:00
校舎により異なる
受講期間 1ヶ月〜 6ヶ月 6ヶ月
習得スキル ・Webサービス開発
・オリジナルサービス開発
・AI(人工知能)入門
・AIアプリ開発(応用)
・デザイン
・テクノロジーセミナー
・Web概論
・著作権
・ワークフロー
・フォント概論
・色の基本
・Illustrator
・Photoshop
・Dreamweaver
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・XD
他多数
・Photoshop
・Illustrator
・HTML/CSS
・JavaScript/jQuery
・レスポンシブデザイン
所在地 渋谷・新宿・池袋・
東京駅前・名古屋・
梅田
上野・池袋 新宿・池袋・北千住・
横浜・名古屋・梅田・
札幌
卒業後サポート サポートなし » サポートあり
※就転職成功で20万円
キャッシュバック
» サポートあり
体験談記事 » 体験談あり » 体験談あり » 体験談あり

それぞれスクールごとに特徴はありますが、主に異なるポイントは以下の通りです。

主に異なるポイント

テックキャンプ プログラミング教養はあらかじめ自分のPCを用意する必要がありますが、学習の進捗次第で人工知能やWebサービス開発など、契約期間内であれば追加料金無しで学び放題な点が特徴的です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGKENスクールは比較的似た学習イメージですが、デジタルハリウッドの方が現役Web制作会社運営であるほか、色々とサービスが充実しています。

教室タイプのおすすめWebデザインスクールについてまとめると

テックキャンプ プログラミング教養

1位:テックキャンプ プログラミング教養

1位のテックキャンプ プログラミング教養 ( » 詳細 )は学び放題・通い放題に加え価格の安さがズバ抜けています。そのうえ無料体験参加でさらに5,000円割引されます。

ただしデザインスキルについては最低限のツールの使い方が主な内容となるため、そちらを重視する方はデジハリbyLIGやKENスクール、もしくはテックキャンプ デザイナー転職がおすすめです。

Webデザインの他、AI人工知能やWebサービス開発など様々習得できますが、特に「Webサービスを作れる基本的なスキルをリーズナブルに習得したい」という方には最も適したスクールだと思います。

2位:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

2位のデジタルハリウッドSTUDIO by LIGデザイン・コンテンツスキル重視のWebデザインを習得したい場合は特におすすめです。

テックキャンプ プログラミング教養と比べると価格は割高ですが、何よりスクール運営に強いデジタルハリウッドと日本一有名なWeb制作会社のLIGがタッグを組んだ最強スクールです。講座内容やサポートもかなり充実しています。

詳しくは取材していますのでこちらをご覧ください

3位:KENスクール

3位のKENスクール現場で即戦力となるプロレベルのスキルを習得したい場合は特におすすめのスクールです。

ツールの使い方や基本的なスキルはもちろん、現場で求められるレベルのスキルを徹底的に叩き込まれる環境が整っています。

また、「極」グラフィックProという講座では、プロのデザインテクニックや知識・表現力・理論などを学び、現場で求められるレベルをひたすら作り続け、ダメ出しを通して学ぶことができます。

講師
講師

それぞれどんな方に合うかをまとめると以下のようなイメージです。

こんな方におすすめ

A子
A子

うんうん、かなり絞られてきたぞ!

その他教室タイプのスクールを知りたい方

その他、条件にこだわらずもっとスクールが知りたいという方はこちらもどうぞ。

無料体験でお得な割引がゲットできるWebデザインスクール

無料体験でお得な割引がゲットできるWebデザインスクール

ご紹介したスクールには以下のように無料体験でお得な特典がもらえるスクールがありますので、入会される前にはぜひゲットしましょう!

どれだけ稼げる?Webデザインスクール卒業後に社会人経験を積んで挑戦できる月収とは

どれだけ稼げる?Webデザインスクール卒業後に社会人経験を積んで挑戦できる月収とは

Webデザイナーの月収は以下の条件で異なります。

  1. 都会 vs 地方
  2. 会社勤務 vs フリーランス
講師
講師

最も稼げるのは都会で会社勤務、または都会でフリーランスですね。

たとえば大都市圏でフリーランスで活動される方はこんな月収案件に挑戦することができます。

レバテッククリエイター求人案件、月収最大65万円のキャプチャ画像

レバテッククリエイターで掲載中の月収最大60万円の求人情報

レバテッククリエイターで掲載中の月収最大85万円の求人情報

これはレバテッククリエイターという、主にフリーランスや派遣で働く方向けの常駐案件紹介サイトです。サクッと見ただけでもこんな求人がたくさんあります。

月収表記が〜○○円となっているため必ずしも希望通りにならない可能性もありますが、それでもスキルを習得することでこれだけ稼げる可能性を広げられるという点は魅力的ですよね。(実際私も企業常駐の際は、額面通りの月収を得ていました。)

それ以外にもスキルを習得することでこんなメリットがあります。

スキル習得することのその他メリット

  • 満員電車や就業時間に縛られずどこでも自由に働けるようになります
  • 努力次第で年収UPが大いに期待できます
  • 自分でWebサイトを作って経費削減できます
  • フリーになれば上司などの煩わしい人間関係から開放されます
講師
講師

腕時計を買うような単なる出費とは異なるタイプの出費であることは重要なポイントです。

A子
A子

スキルを習得することは長い目で見てもコスパが高そうねっ!

Webデザイン未経験の社会人がスキルを習得するならスクールと独学どちらがいいの?

Webデザイン未経験の社会人がスキルを習得するならスクールと独学どちらがいいの?

A子
A子

ちなみに独学じゃダメなの?

独学は必要なことですが”独学のみ”で就職してしまった結果こんな事が起こりえます

新卒早々こんな事態に<実体験>

  • 想像以上に周りのレベルについて行けずパニックに
  • 徹夜作業の毎日
  • IT専門学校卒の同期と差が広がる
  • 危うくうつ病になりかける
講師
講師

一言でいうとスキルが不足していたのです。

一昔前までは…

昔は今と違ってWebデザインをスクールで学ぶためには数百万円を払ってIT専門学校へ通う他なく、それ以外は独学で学ぶことが一般的でした。
講師
講師

建築学科出身の私も例外なく独学で学んだのですが、ある程度しっかりサイトが作れていたため問題なく働けると思っていたのです。

しかし実際はそう甘くなく、間違った覚え方をしている場面が多々あったのです。

つまり、独学→自己流だったのです。

誰にチェックしてもらうでもなく、細かい内容の使い間違いにも気づかずそのまま就職して初めて気付いたのです。独学にはこういう事が起こり得ます。

このページでご紹介したように、現在では14万円程度から学べる洗練されたスクールがありますので、こちらを積極的に利用しましょう。その方が無駄な時間と経験をせずに済みます。

以下記事では未経験からWebデザイナーのなり方をタイプ別に分けて解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

おすすめ記事

社会人向けおすすめWebデザインスクール まとめ

社会人に最適なWebデザインスクール まとめ

Web制作のスキルを手にしたいと思った時にはじめにやってくる「スクール選び」の難しさ。でも、こうして整理してみることでベストなスクールを少しは選択しやすくなったのではないかと思います。

A子
A子

だいぶ整理できたわ!

スクール選びのポイントをまとめると

  1. Webデザインについて最低限学ぶべきスキルを知ること
  2. Web・パソコン専門のスクールであること
  3. 平日は最低でも21時まで&土日も開講していること
  4. <理想>卒業後に向けた就職・転職サポートがあること
講師
講師

Web制作のスキルがあれば今後色々な副業に挑戦できるメリットもありますので、興味のある方はぜひこちらもご覧ください

最後に、今回ご紹介したスクール一覧です。

※以下税抜き表示

オンライン・通信タイプのスクール

  • 1位CodeCamp
    ※個別指導でコスパ最強
    178,000円/2ヶ月プラン
  • 2位TechAcademy
    ※即戦力になる超実践的カリキュラム
    139,000円(学生109,000円)/4週間プラン
  • 3位デジハリONLINE
    ※老舗クリエイタースクール
    256,000円/7ヶ月

教室へ通うタイプのスクール

講師
講師

以上、この記事が参考になりましたら嬉しいです!

その他おすすめ記事はこちら

  1. デザイン重視派の方
  2. 構築・プログラミング重視派の方
  3. 主婦・ママ向けをお探しの方
  4. 無料・安さ重視派
  5. 短期・スピード重視派
  1. 大学生の方
    未経験からWebデザイナーになる方法
  2. 30代の方(20代もOK)
    今後のキャリア戦略
  3. 主婦の方
    未経験から在宅Webデザイナーになる方法