VOGELKUCK

実践的なWebデザインを学ぶなら最低限必要なスキル

実践的なWebデザインを学ぶなら最低限必要なスキル

はじめに

Webデザイナーになって就職したい方、Webデザインのスキルを仕事に生かしたい初心者の方にとっては、そもそも何を学べばいいのか?が分からない場合が多いと思います。

独学、スクール、いずれにせよ勉強をスタートする前に何を勉強すればよいか全体像を把握していなければ、勉強したはいいものの、やりたいことが出来なかったり、実践ではもっと高度だったという場面に出くわすことがあります。

そこでこのページでは実践的なWebデザインスキルを手にするためには最低限どんなスキルを学ぶ必要があるのか解説していきたいと思います。是非参考にしてみてください。


最低限必要なスキル

マウスで作業を行う女性
はじめに、実践的なWebデザインスキルを身につけるためには最低でも以下のスキルを学ぶ必要があります。

  1. Webデザインの基本知識
  2. Photoshop
  3. Illustrator
  4. HTML/CSS
  5. JavaScript/jQuery
  6. レスポンシブサイト

このスキルを提示した基本的な考え方としては、今現在主流となっているWebデザインスキルを最低でも身につけましょうということです。

この変化激しいWebデザイン業界では一昔前のスキルだけではすでに時代遅れとなっていることが多いため、これからの時代に対応するためは最低でも今の時代に必要とされる技術を学んでおく必要があります。

それぞれのスキルについて詳しく解説していきます。

01. Webデザインの基本知識

ワイヤーフレームが書かれたノート
まずは基本的なWebデザインの知識を学ぶ必要があります。

Webサイトはいざデザインしてみようとすると、何から手を付ければよいかわからないことに気づかれると思います。
それはWebサイトがどのような構成で作られ、それぞれにどんな機能があるか?などの知識がないためです。

Webデザインの作業を行うためには、全体のデザイン構成や細かいレイアウト、フォント、色、写真選定やトリミングなど細かい技術と知識が必要です。そして、それぞれには一つ一つ意味があります。

たとえばこんなイメージ
  • ここは注目させたいから大きく扱う。
  • ここは信頼感を表したいから青色を使う。
  • ここは高級感を表したいから余白を多く取る。
  • ここはアカデミックなイメージだから明朝体のフォントを使う。
  • ここはボタンを押しやすいよう◯ピクセルで作る。

大きい全体像から細かいレベルまでデザインを機能させるためにはそれぞれに意味のある形で作り上げる必要がありますが、その技術を習得するためにはやはり勉強が必要なのです。

また、デザインだけに限らずWebの基本的な知識を知らなければPhotoshopやHTMLなどのスキルを学ぶ理由も分からないまま進めることになってしまいます。
スキルの前には必ずWebデザインの基礎知識が必要なのです。

02. Photoshop

Photoshopロゴ
PhotoshopはWebデザインを作るためにメインで使用するソフトとして昔から使われてきた老舗ソフトウェアです。
サイト全体のレイアウトから細かい画像加工・装飾までオールラウンドに使われています。

メモ

最近ではIllustratorやSketchなど、別のソフトで全体デザインする機会も増えてきましたが、それでもPhotoshopの知識は最低でも必要です。

03. Illustrator

Illustratorロゴ
Illustratorは主にロゴや図形、イラストなどの複雑な形をデザインするためのツールとしてWeb業界で標準的に使用されているソフトです。

一般的にはPhotoshopでWebの全体的なデザイン制作を進め、イラストや図形などをこのIllustratorで制作し、それをPhotoshopのデザインへ入れ込むという形で使われています。
最近のようなレスポンシブサイトではIllustratorをWebデザインのメインに使う機会も増えてきました。

メモ

スクールによってはPhotoshopはあってもIllustratorが含まれていない学校もございます。しかしあまり現実的ではありません。
Illustratorが使えないと表現の幅も狭くなり、また素材が使えないシーンも出てきますので、基礎でもいいのでしっかり学んでおきましょう。

04. HTML/CSS

HTML/CSSロゴ
Webサイトはデザインされたものをそのまま表示させて使用することはありません。HTML/CSSで構築してようやくホームページとして一般公開できます。それ以上の説明が必要ないほどこの知識は必須となります。

Webのデザイン専門職として働く場合であっても、サイトの基本的な仕組みとして最低限この知識は必要です。

HTML

デザインの骨格、たとえば「これはタイトルです」「これは画像です」「これはリンクです」のような骨組みとなる部分を作るのがHTMLです。

CSS

骨格で作ったHTMLをどのような色・形・大きさで表現するかといった、主にデザインを作るのがCSSです。

05. JavaScript/jQuery

JavaScript/jQueryロゴ
HTML/CSSだけではできない動きのあるサイトやお問い合わせフォームを作る時にJavaScriptを利用します。

今どき動きのないサイトを見ることはありますでしょうか?
このスキルは多少とっつきにくいですが、これからWebの実践的なスキルを身につけるのであれば必要なスキルの1つに加える必要があります。

しかしすべてを学ぶ必要はありません。JavaScriptの一部を簡単に利用できるようにしたjQueryという技術(ライブラリ)を使うことで初心者でも比較的簡単に理想の動きを実現させることができます。

メモ

覚えることはjQueryを利用したサイトづくりということです。

06. レスポンシブサイト

レスポンシブサイト
パソコン・タブレット・スマートフォンのいずれかで見ても最適化されたWebページが表示されるレスポンシブサイト。
今ではネットを見るユーザーの半数以上がスマホサイトを見ているほど、スマートフォンは一般家庭に普及しています。

もはや半数以上がスマホサイトを見ているというのに、いまさらPCサイトのデザインだけ学べばいいということはありません。スマホサイトは今やサイト構築において必須の作業です。

これからWebの実践的なスキルを身につけるのであればこの技術も必ず学んでおく必要があります。

さいごに

机の上に並ぶノートパソコンとレンズ

  1. Webデザインの基本知識
  2. Photoshop
  3. Illustrator
  4. HTML/CSS
  5. JavaScript/jQuery
  6. レスポンシブサイト

実践的なWebデザインを学ぶためには最低でもこれらのスキルを身につけておく必要があります。
どれか1つでも欠けていれば、後々壁に突き当たる可能性がありますので、はじめのうちにしっかり覚えておかれることをおすすめします。

スクールを選択される際は、これらを考慮してコース選びをしてくださいね!
これから勉強される方にとってこのページが参考になりましたら嬉しいです。

(最終更新:2018年6月27日)
Return Top